大人ニキビの主な原因と改善、予防の方法

思春期のお肌の悩みとしてよく上げられるニキビ。大人になった今でも悩んでいるという女性は結構いるのではないでしょうか。
思春期ニキビであれば、毛穴にたまる皮脂ををきれいに保つ事で改善される事がほとんどですが、大人ニキビはそもそもの出来るメカニズムが違うので、毛穴をきれいにするだけで治るという事はなかなかありません。

 

大人ニキビの原因として、生理前のホルモンバランスの乱れ肌の乾燥古い角質がターンオーバーしなくなる事で起こるとされています。
ストレスや不規則な生活習慣が自律神経を乱し、ホルモンバランスを崩します。
それが生理周期に影響を与え様々な肌トラブルを引き起こす原因になります。

 

また肌が乾燥状態になると皮脂が油分を作り乾燥を防ごうとします。
その際、古い角質が正常にターンオーバーされていれば問題ないのですが、古い角質に油分が混ざり、その汚れが肌に負担をかけるようになります。
その汚れた油が肌に付着したまま酸化すると、毛穴の黒ずみへと変わり、開いた毛穴を作る原因にもなってしまいます。
肌が正常にターンオーバーしなくなるとニキビ跡も残りやすくなるので、まずはしっかりと洗顔を行い、化粧水をたっぷりとお肌に浸透させてあげることが肝心です。

 

対処方法としては、大人ニキビ専用の化粧品を使用して効果的にニキビケアを行っていくのをお勧めします。
それでもあまり改善を感じる事ができない場合は、ニキビ対策もしている美顔エステなどのニキビケアコースを使うといいでしょう。
こういった外からのケアも大切ですが、内面から肌への負担を減らす規則正しい生活習慣を身に付け女性らしい透き通った肌を取り戻しましょう。